シミは美白の敵!にっくきシミができる仕組みについて解説

美白化粧品

女優さんのように少しの曇りもない透き通るような肌にあこがれる人は多いと思います。

生まれ持った肌の色を変えることはできませんが、美肌を維持するためには日頃からのお手入れで対応することができます。

そこで、今回はシミができる仕組みについてご紹介します。

シミができるメカニズム

そもそもシミの原因『メラニン』ってなに?

シミができる原因として知られているのが「メラニン」です。一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし、メラニンは全くをもって悪い成分ではないんです。

メラニンは紫外線から肌細胞を守ってくれる役割をしています、メラニンは自然と作り出されるものなのです。

私たちの肌(表皮)は4つの層に分かれています。

 

その中の最も下の層にあるのが、メラノサイトという場所でメラニンが作り出されます。

肌が紫外線を浴びるとにメラノサイトでメラニンが生成されます。

基本的にはメラミンは必要以上に余分な量を持たないようになっているので自然なターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって肌の表面に上がっていき、自然とアカとなって剥がれ落ちる仕組みになっています。

しかし、肌の環境の変化によってメラニンはたくさん作られてしまいます。

メラニンが増える原因

肌への刺激・ストレス・紫外線などの原因にとってメラニンがたくさん作られ、肌のターンオーバーが追いつかず色素沈着がおこりシミになってしまいます。

またターンオーバーの乱れもシミができる原因です。

ターンオーバーの周期が遅くなることによって、色素が剥がれ落ちるサイクルが乱れてしまいます。

(一般的なターンオーバーの周期は28日)

ターンオーバーの周期が乱れる原因

主に生活習慣の乱れ、間違ったスキンケア、乾燥や紫外線の3つが挙げられます。

普段の生活習慣は、お肌をキレイに保つためにとても大切なものです。

どんなに高価なスキンケア商品を使ってもを、生活習慣が悪ければ元も子もありません。

タイトルとURLをコピーしました