美白化粧品をより効果的に使う方法とは?

美白化粧品

美白化粧品を購入しても間違った使い方をするとシミやそばかすに上手にアプローチできません。

そこで、ここでは美白化粧品をより効果的に使う方法を解説していきます。

まずは美容液から始めてみる

美白化粧品には、美白クリームと美白美容液とがあります。

20代の方や脂性肌の方は、美白クリームをいきなり使ってしまうとニキビの原因となりやすいのでまずは、美白美容液から始めてはいかがでしょうか。

美白美容液は、メラニンの生成を抑えたり還元を促したりする成分だけ肌に与えられます。普段の保湿ケアにプラスすることで、そばかすやシミを手軽にケアできるのがメリットです。

継続して使うことが重要

美白化粧品の効果は「今日使って明日に効果があった!」といった即効性はありません。

肌のターンオーバーも深くかかわっているので最低でも2~3カ月は続けて使い、シミやくすみの改善・予防の効果を確認しましょう。効果がないと思って早い段階でやめてしまうと、美容費の無駄づかいになってしまいます。

角質ケアも同時に行う

ピーリングジェル・クリームなどを使用して、古い角質を落としましょう。ただし、やりすぎは肌にダメージを与えるため週1回程度を目安にしてください。

美白化粧品でのケアと一緒に角質ケアも行うことで肌のターンオーバーを正常にして古い角質が肌に残ったりくすみの原因を防ぐ効果があります。

ターンオーバーが遅れている状態ではメラニンの排出も遅れているためシミのリスクも高まるのです。

日焼け止めでしっかりガード

紫外線は、活性酸素を発生させてメラニンの生成を促します。

そのため美白化粧品でケアするだけでは紫外線によるシミやくすみを十分に予防できません。日焼け止めクリームを塗って紫外線から肌を守りましょう。

日焼け止めクリームを選ぶときは、

  1. たるみを引き起こすUV-Bを防ぐ効果を示す「PA」
  2. 肌の表面にダメージを与えるUV-Aを防ぐ効果を示す「SPF」

が配合されている商品がおすすめです。

日常生活では「SPF10~20、PA++程度」、屋外での軽いスポーツでは「SPF20~30、PA++~+++」、真夏の炎天下でマリンスポーツやレジャーを楽しむなら「SPF40以上、PA++~++++」の日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めのほかにも、日傘やサングラス、つばの広い帽子などで紫外線対策することが大切です。

 

おすすめ記事

美白化粧品の正しい使い方やおすすめオールインワンジェル

 

タイトルとURLをコピーしました