美白化粧品の選び方|有効成分をチェックしよう!

美白化粧品

美白化粧品を選ぶポイントは、配合されている美白有効成分をチェックしましょう!

美白有効成分とは、厚生労働省から「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」効果と安全がしっかり認められた成分のことです。

国から認められているので安心ですね。

美白有効成分の働き

美白有効成分の役割は以下の2つあります

  1. メラニンを作り出す物質を抑える
  2. メラニンに変える物質のチロシナーゼを抑える

では、詳しくみていきましょう!

役割1:メラニンを作り出す物質を抑える

紫外線を浴びるとメラニンをつくれ”という指令を出す肌内の情報伝達物質に働きかけ、指令をブロックすることでメラニンのもとをつくらせないようにします。

・メラニンを作り出す物質を抑える成分一覧

トラネキサム酸
抗肌荒れ成分として認可された後、情報伝達物質プロスタグランジンをブロックし、メラニン生成を抑制する効果が認められた。

カモミラET
カモミール(カミツレ)の葉から抽出した成分。情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラノサイトの増殖や活性化を抑える。

t-AMCHA
大豆や卵黄から抽出。情報伝達物質プロスタグランジンの生成を抑え、メラニンの生成指令を止める。抗肌荒れ効果も。

 m-トラネキサム酸
“m”はメラニンの生成を抑える効果を表す。シミ部位の慢性微弱炎症状態に作用し、メラノサイトの活性化を抑制する。

TXC
トラネキサム酸セチル塩酸塩の略。複数の情報伝達物質にアプローチし、正常なメラニン生成を目指す。

役割2:メラニンに変える物質のチロシナーゼを抑える

チロシンを黒色のメラニンに変化させる酵素チロシナーゼを分解したり、チロシナーゼに先回りして合体し、その働きを効率的に抑制します。

メラニンに変える物質=チロシナーゼを抑制する成分一覧

 アルブチン
コケモモに含まれる成分。チロシンとチロシナーゼの結合を阻害し、過剰なメラニンの生成を抑えてシミ、ソバカスを防ぐ。

 ビタミンC誘導体
もっとも歴史のある美白有効成分。チロシナーゼを抑制する効果に加え、メラニンに対する還元作用を持ち、黒色を淡色化する作用も。

 エラグ酸
ポリフェノールの一種。コウジ酸と同様、チロシナーゼの活性化に必要な銅イオンを奪うことで、メラニンの生成を抑える。

 プラセンタエキス
動物の胎盤から抽出。古くからメラニン生成を抑制する作用があるといわれ、有効成分としても活用されてきたが、不明な点も多い。

 ルシノール
シベリアのモミの木に含まれる成分。メラニン生成のプロセスであるチロシナーゼとチロシンの合体を防ぎ、メラニンをつくらせないようにする。

 コウジ酸
麴由来の成分。メラニン生成に関わる酵素チロシナーゼが働くのに必要な銅イオンを奪いとる作用で、メラニンの生成を抑制する。

 リノール酸S
紅花由来の成分。チロシナーゼを分解することでメラニンの生成を抑制。さらにターンオーバーをサポートし、メラニンの排出を促す。

 4MSK
サリチル酸の誘導体。チロシナーゼの活性抑制効果に加え、シミ部位の慢性的な角化エラーにも作用し、たまったメラニンを排出する。

 マグノリグナン
モクレン科ホオノキに含まれるポリフェノールをヒントに開発。チロシナーゼの成熟を阻害し、メラニン生成に関与する量を減らす。

まとめ

美白化粧品といっても各メーカー色々な商品がたくさんあります。

そんな中美白有効成分は、厚生労働省から効果や安全性が認められている成分です。

これは、化粧品容器にしっかりと記載されているので購入前に確かめることをおススメします。

おすすめ記事

美白化粧品の正しい使い方やおすすめオールインワンジェル

 

タイトルとURLをコピーしました